この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

60

マダム・ノア

毎度ご清覧頂きありがとうございます。
ああ、またう○この話を書いてしまった…!という後悔の念で一杯です。
しかしながら私の周りもまたう○この話で一杯だから仕方ありません。
ちなみに公衆の面前でケ○を晒したぼっちですが、結局、数多のプレッシャーの中でパトスを解放することができず、晒すだけ晒しといて最後には救急隊が出動するという大惨事に見舞われました。
しかし私は次々に流れていくコンベヤー上のギャラリーに臆することなく、勇気をもって全てを晒した義兄を誇りに思っております。マジで。
それにしてもトイレの清掃中って、なんとかなりませんかねえ。
つーか、だいたいトイレに駆け込む客ってのはイマージェンシーの只中に居るわけなんだから、それを清掃ごときで止めようなんざとんでもない話に思えるんですが。
最後に。ス○ムダンクファンの皆さま、私も一員なのでどうかお怒りを鎮めるようお願い申し上げます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ