この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

蔵書

作者は物語が大好きです。察しがついてる方が多いと思います。人魚姫、大好きですよ!
少しずつ進めてかけていけたらいいな、って思ってます。
読みやすさ命!!と掲げている私なのですが、どうでしょう、読みやすいかなあ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ