BEST すずろごと

駒芽

♡ 10

第1話から読む

次の一瞬には忘れてしまうような、そんなとりとめもない感覚を想像した詩と短編です。純文学はジャンルに迷った末の結果なので気にしないでください。