この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

駒芽

夏休みが永遠に来るような気がしていましたが、夏は毎年来るものの年を追うごとにあの子供の頃独特の空気感は薄くなってしまいました。
読んでくださってありがとうございます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ