この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

潮崎みよ

そろそろご挨拶のバリエーションがなくなってきました。
ご拝読ありがとうございます。
とうとうここまできてしまいましたね。
あとはどこで終わらせるかということになってしまうのですが、うーむ。
書く気になれば現在まで書けますが、あくまでも『先生と生徒』の物語として終わらせたほうがいいような気がします。
終わりまで、見届けていただけると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ