この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

神楽

そこそこ辛いものが好きでも、限度はありますorz
でも、ぎゃあぎゃあ言いながらも、皆で責任もって完食しました!
あまりに可哀相だからと、他の班のメンバーが、差し入れをしてくれたのですが、舌が麻痺していて、美味しいのだろうけど、その味がわからないという、なんとも憐れなf(^^;
けれど、今では忘れられない良い思い出です(*´∀`)
だってこんなハプニング、なかなかないですから(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ