この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

神楽

続きで、メイドカフェの雰囲気を書いていくつもりです。
それにしても、慣れているとは言え、メイドさん達はあの魔法の呪文に、抵抗感ないのでしょうかf(^^;
そもそも「 萌え 」ってなんだっけ?と、首を傾げてしまう作者ですorz
男性の方々は年齢問わず、メイドカフェ好き!って人多いのかな?私はあの日以来、一度も行ってませんが、今回書いてみて、もう一回くらい行ってみようかな、なんて思っています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ