この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

神楽

経験からか、大人になった今カタツムリと遭遇すると、大袈裟なほど避けて避けて通ります。
つい最近、知人に沢山買いすぎたから、カタツムリパック一枚あげる~♪と差し出され、思わず仰け反り、訳を話した上で全力でお断りしました(´;ω;`)
その方のお肌は、見た目にもプリップリで、羨ましいことこの上ないのですが、どーしても顔へつけることに抵抗があるんです(>_<)
読者様の中に、お仲間はいないかしら・・・?

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ