この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

199

先日、留学生のお友達と院生の先輩と私という不思議なメンバーで留学生の方に教わって彼女の国の郷土料理を作りました。
その郷土料理は彼女のおばあさんがよく作ってくれた思い出の味だそうで、鮎もそのおはなしにほっこりしたのですが、いざ料理名を訪ねるとすごくいい笑顔で
『おばあちゃん焼き!!!』
と言われました。
「おばあちゃんが作ってくれた焼き料理」という名称が省略されているということはわかっている。
わかってるけどそれだとおばあちゃんが焼かれてることになっちゃうよ!!!
しかし美しい彼女の笑顔に鮎は何も言えずに黙りました。
ちなみにおばあちゃん焼きはめちゃくちゃおいしかったです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ