この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

柚缶。

お久しぶりです柚缶。です。
最近、以前より団地敷地内が暗くなったような気がします。
街灯があるのに、真っ暗なんて怖いですね。
でも、まあ、住人が減ったから明かりも減ったのでしょう。
私の住んでいる棟は当方含め残り二世帯になりました。
もし、空き家の扉が開いていたら……とか、空き家のガラス戸に人影があったら……なんて考えながら、仕事帰りは毎回棟を下から上へと見上げてから階段を登っています。
階段も怖くて、誰かに見下ろされている感覚に毎回見上げてしまいますね。
とはいうものの、団地の独特さを堪能しながら毎日過ごしています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ