この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

157

しおり

閲覧感謝します。
2人の未来を誓い合った彼女が、四年ぶりの再会なら、演技で自己紹介をしたとしても、違和感があるはず。
梓はそう思ったのでしょうね。
自分で書いた物語なのに、悲しいです。
この頃の自分は何を見て生きていたのでしょうか、不安になりますw
多分、高校生だったはず。。。
執筆には一年ほど掛かっていたかと思います。
今の私が手直しをしている箇所も多いですが、ストーリー展開は学生だった自分です。
自分が主人公なら悲しい思いはしたくないw
恋愛物が書けないので、仕方ないですが。。。
誤字脱字ありましたらコメお願いします。
また次回もよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ