この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

29

一度話を入力したのに電波の悪い状況でやったせいか、丸々一話消滅して電車内で悲しみに打ちひしがれていました。
おかげでノベルって言えるのかどうなのかっていう投げやりな文になっ....いや何でもないです(^^;;
更新が飛び飛びで申し訳ないです。
インフルエンザにかかったり胃をやったりでバタバタしておりました汗

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ