この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

山波青菜

こんにちは!山波青菜です!
この度は、『樫村芽衣と俺』を読了していただき、ありがとうございます。
初めに、このお話は暴力行為や罵詈雑言を推奨する内容ではございません。
攻撃も口撃も、誰かを傷つける行為に他なりません。絶対に、お止め下さい。
さて、最近このエッセイを書いていて、「これ、エッセイじゃなくね?」と思うことが多々あります。
だってそうじゃないですか。この世のどこに、7連打かます女子中学生と、7連打かまされて格ゲーのこと思い出す男子中学生がいるんですか。
でも、いたんですよ。茨城県に。一人づつ。
今思い返すと本当に何をやっていたんだと頭を抱えます。でもまあ、楽しかったのも事実なんですけどね。
とにもかくにも、そういうわけで、この話はノンフィクションです。作者の体験を綴ったエッセイです。そんなくだらない話を楽しんでいただけたら、幸いです。
それでは、またこの作品で出会えることを願って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ