この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

152

嘉伊

ご飯の文が長くなってしまうのはお腹空いている時に書いてるからですかね。グルメ小説じゃないんだぞ、と自分に言い聞かせ今回旅館飯の描写を省いた...語れるのに...ご飯を食べてる時って本当に幸せですね。
今回私なりのギリギリのラインで伝わる様にあんな事を書いてみたのですが引っかからないか心配でしょうがない。
どうか無事そのまま皆様のところに届きますように。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ