この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

154

嘉伊

不穏な空気のまま終わらせてしまったのか心苦しく、早急にアップしました。
私めは不穏なまま放置されると非常に不愉快な方なのでそういたしましたが、それでも不愉快だった方はちょっと心の中で土下座させてください。
はい。今回で「Coffee and love are best when they are hot.」は終わりですね。
書いていると、自分の表現力のなさを実感させられる場面が多々あります。
語彙力や文才が実に欲しい。
仁と朔のお話も実はあったりするのですがそれはまた別のお話…という事で。
では、またお会いしましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ