この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

132

嘉伊

途中で切れてしまい申し訳ありません。
祈織父、出て参りました。ぱぱん。祈織溺愛です。
そして皆さん、2017年あけました。
おめでとうございます。
今年もどうぞ「珈琲」をよろしくおねがいします。
まだ吹き出しにはしていませんが、徐々に変えていきますのでご容赦を。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ