この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

鏡花

というわけで、小説の書き方の第二回でした。だんだんと筆者が調子に乗ってきているのがわかります。ほかに語るべきことなんて何もない人間なんだから仕方がないですね。というわけで、次回はプロットの作り方です。誰も求めていなくても続きます。ええ。ええ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ