この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

神尾はな

私「私歩くマイナスイオンだから、みんな癒されていいよ」
先輩「お前はただの歩くマイナス要素だよ」
毎日こんな会話をしていた職場でした。
でも、仕事はちゃんとしてました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ