この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

きぃぼう

初めまして!
この度はこの物語を読んでくださってありがとうございます。
実はこの物語、少しだけ実録も入っているんです。
現実と空想の境をうろうろしながらものを書くのは楽しいですね(*^^*)
次回は登場人物が一気に増える予定です!
そのため、今回は味気ない感じで終わらせていただきました(>_<)
定期更新は難しいと思いますが、自分のペースでやっていきたいと思います。
次回もよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ