BEST 【短編集】飴を一粒

葉宮

♡ 2

第1話から読む

私の語彙力で紡いでいく不思議な物語。
あなたが知っている言葉はこんな物語性を持っていた。