この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

適当人間

今朝方、人生初の救急車デビューを果たしました。
適当人間です。
救急車は、とっても乗り心地が悪かったですし、過呼吸の人間に血圧を測ると腕がとんでもないことになるということが、今回勉強できました。
人生は、何事も勉強ですね、はい。
さてさて、物語も徐々に華僑へと入りつつあります。
ちょっくら鬱展開ですが、それでも良いよ、という心優しき方は最期までお付き合いしてくださるとありがたいです。
それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ