この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

たけのこ

たけのここと竹イ山人です。
今回は初めて酔い潰れた記念(?)のエピソードになります。
敵を知り、己を知れば――と言いますが、当時の飲み方は地獄への片道切符といいますか、蛮勇甚だしいですね。
不思議なもので、半分意識が落ちながら口から酒があふれ出る感触をなぜか覚えています。
皆さん、飲酒の際は量だけでなくペースにも注意しましょう!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ