この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

41

永春

お久しぶりです。セウトな第八話。もし公開されていたら審査を通り抜けたということですね。ありがとうございます。
*
「男女の思いは、重なっているようで、少しズレている」。第一話から書き続けているテーマの一つです。
本編がやや長くなってしまい、すみません。どうしても削りたくない部分が多く、前後編にも分けられませんでした。
なお、相変わらず登場人物の名前や外見の描写はほぼありません。「どこかの誰かの物語」として、好きなように想像してください。
*
多くのコメント、ハート、ありがとうございます。
自分で言うのもなんですが、『桜と鴨』はかなり公式化しにくいタイプの話だと思うので、あまり期待していません。
一番の理由は、一話ごとに登場キャラが総入れ替えになるので、アイコンが使えないことですね。ましてや複数の表情を使い分けるなんて到底ムリで、comico的にこれは致命的な欠点だと思っています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ