この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

31

ちろ。

今回も読んでくださりありがとうございます♪ちろ。です。
今回の話は随分と暗めでした^^;
それにしても…なんと言えばいいのでしょうか。
複雑ですね〜w
さて、小話になりますが…。
題名の「男と女と過去」の由来ですが
男は父、女は母&愛人、そして過去という意味ですw
ちなみに、爽月と稚夜の過去話は次回で終わります。が、D章はまだ続きます!w
ぜひ、楽しんでくださいd('∀'*)
これからもよろしくお願いします〜。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?