この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

紫月

龍が行きたい所とはジュエリーショップでした!笑
私が通っていた女子校は、ませた女子が多かったので、変な方向に考えてしまっていました。笑
この勘違いをしたときは本当に恥ずかしかったです。笑

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ