この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

みるくぅ

今回は吹奏楽部に入っていた時の話でした。
先日、先生から「現状の成績だと志望校には届かない」と言われ、もっと勉強しないとな…とショックを受けました。
一応、学業とノベルの更新を両立しながら頑張ろうと思う作者でした。
あと、「チューバ吹きの君に恋しました。」は私が吹奏楽部に入っていた経験を踏まえて生まれた作品です。
たった1年間の吹部生活だったので、知識不足はどうしても出てきますが、応援よろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ