この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

きぃ

なんとなく区切りがつかないので今回はここまでにします。三話です。
来週まできちんと書けば一ヵ月ちゃんと続いたことになるのか…なんて思ってしまいました。(違う)
しばらくは紫織さんよりもこっちのカフェの彼女がメインになってしまいそうです。
紫織さんのほうが謎が多いのに…。
それと、なんと作品お気に入りを押してくださった方がいらっしゃったようでありがとうございます‼
(読んでくださっているかわかりませんが)
飛んで喜びました。これからもよろしくお願いいたします。
それでは第3話、お付き合いいただきありがとうございました‼

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ