この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

鏡花

というわけで、第十四話『むしろ俺がヒロイン(♂)になりたい』をお送りしました。
今回はノベル、エッセイともに手抜き感満載で、大変申し訳ありませんでした。
ていうか、じつは目が覚めたのがついさっきなんですよね(ぇ (人生全般に)疲れてるのかな……
そんな感じで、ディンクルちゃんに次なる新しい世界に引きずりこまれつつ、BLシリーズは今回でいったん幕となります。とはいえ、一度引き込まれてしまった以上、たぶんもう知らなかった頃には戻れないので、いつかどこかで、『鏡花』という名がつくBLライターを見かけたら、「ああ、やっちまったんだな、アイツ……」と生温かい目で見守ってやって頂けると幸いです。
それでは、次回第十五話「つまり、どういうことだってばよ?」のコメントでお会いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ