この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

鏡花

というわけで、35話でした。いつも閲覧・オススメ・コメントなどありがとうございますんぬ。
そんな感じで、来週こそは『そもそも掌編小説(ショートショート)とはなんぞや?』という問題の本質に踏み込んでいきたいと思います。僕だってたまには真面目な小説の話だってするんだからねっ!
だいたいそんな感じ。年を取るごとに、文章が若返ってるというか、頭悪そうになっていて我ながらとっても素敵です(ヲイ あと10年ぐらい続ければ無に還れるんじゃないかなと最近は真剣に思っています。ええ。ええ。
それではまた次回のコメントでお会いできることを祈って

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ