この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

鏡花

というわけで、第五十話でした。いつも閲覧・オススメ・コメント等ありがとうございます。
そんな感じで、ついに五十話です。百話の半分です。分数の割り算はできなくても、整数の割り算ならできます。
さて、50話というと、だいたいTVアニメ一年分の話数に相当するわけで、これくらいのペースでオリジナル小説を毎週書いてたら、少なくとも本一冊分の分量にはなったんだろうなーと思うと、『何やってるんだお前は?』感がマジパねぇです。本当に何をやってるんでしょうね。
だいたいそんな感じ。こんな僕ですが、今日もこうして生きてます。だから、きっと、この世界にいる人達は、みんな生きていていいんだと思います。ともに生きましょう。
それでは、また次回のコメントで、お会いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ