この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

鏡花

というわけで、第五十四話でした。いつもオススメ・コメント・閲覧等ありがとうございます。
冗談で話題に出たケモノモチーフの魔法少女ですが、書いてみると意外と面白いかもしれませんね。ケモノフレンズが流行っていた時期にぶつければヒットしたかもしれないのに。惜しいことをしました。
まあ、そんな世知辛い話も、わりと普通にできるぐらいには、大人になりました。
この調子で、大人な小説(意味深)とか、歴史小説とか、あるいはまた純文学とか、もっといろんなジャンルに挑戦して、いつか「まあ悪くない人生だったな……」と思って最後を迎えられるようになりたいですね。
だいたいそんな感じ。え? 勉強? まあ、なんとかなるんじゃないでしょうか(某
それでは、また次回のコメントでお会いできることを祈って

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ