この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

鏡花

というわけで、第六話でした。
今回は真面目に語ってみたのですが、あとになって考えると問題の文章――全然一行じゃありませんでした。
タイトル詐欺ここに極まれりですね。
しかし、その文章について、思ったり考えたりしたことは本当ですので、どうぞご容赦くだしあ。
ではでは、また次のコメントでお会いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ