この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

鏡花

というわけで、62話でした。
いつも閲覧、オススメ、コメントなどありがとうございます。
そんな感じで、ネネさんと少しずつ進展しております。だんだんキスが上手くなってくると、ネネさんの反応が可愛くなってきて、もっと喜ばせたい――と思わせられるあたり、やはりコ○ミすげーなと思います。伊達に『ほら貝を吹いたら巨大ロボットが飛んでくるアクションゲーム』をスーファミの時代からつくってるメーカーじゃありません。まあラブプラスの場合、コナミっていうより、内田Pとミノ☆タローさんが凄いのかもしれませんが。
だいたいそんな感じ。彼氏力溜めたり、デートスポット探したりで、なかなかの時間泥棒ゲームですが、楽しいのでありだと思います。
次回こそ、次回こそは、ネネさんを海に誘いたいなーと思いつつ、新しい小説の話もしたかったり。
それでは、また次回のあとがきで、お会いできることを祈って

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ