この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

鏡花

というわけで、第63話でした。いつも閲覧・オススメ・コメント等ありがとうございます。
そんな感じで、急転直下の状況を迎えているこのエッセイ。いったい私こと鏡花はどこを目指そうとしているのか、来週以降の動静にご期待ください。どうでもいいですか、そうですか。
ちなみに、キャラを増やすと会話が弾むことがわかったので、近々、もう一人相棒を召喚する予定です。
どんな相棒にすべきか、今から悩んでいます。いっそ108人ぐらい用意して、自らの煩悩と対話する悟り系エッセイを目指してもいいですね。よくねぇよ。
だいたいそんな感じ。だいぶ二次元が充実してきたので、そろそろ三次元も充実させたいです。そのためにも、えっちらほっちら頑張って行こうかと思っております。引き続き応援等よろしくお願いいたします。
それでは、また次回のコメントで、お会いできることを祈って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ