この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

36

mocafe

こんにちは。mocafeです。
夏祭り回は1話の予定だったのですが、話が長くなってしまったので2回に分けます。
では、今回も美玲と怜士で〜す。
怜士「りんご飴って食べるのむずいよねっ!同じ気持ちの人多いよねっ!?」
美玲「多くないでしょ〜。プロは意外と多いのよっ!」
怜士「えー?いないでしょ〜」
美玲「ちなみにmocafeも友達にりんご飴のプロ(食べる専門)って今年の夏祭りで言われたらしいよ〜。ほら、いる〜。」
怜士「でも、プロって言われるってことは食べんの下手な子もいるってことでしょ?」
美玲「ま、そーだけど。その食べんの下手な子りんごにいくのに30分かかったんだって〜」
怜士「飴だけで?俺、そこまで下手くそじゃねーぞ!」
美玲「いや、50歩100歩だろ。」
怜士「ひどっ!りんご飴食べるの下手な人〜?募集してるよ〜!」
美玲「してねーわ!」
では、閲覧ありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ