BEST 神の夢

高木・E・慎哉

♡ 1

第1話から読む

儚い香りがした。
神の匂いだ。
どこまで小説家としてやっていけるだろうか?
小説で食っていける確率とは?
僕は確率の天才だろう。
ぜひ、お読み下さい!