この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

48

佐々木ブラックスワン

第2話も読んでいただきありがとうございます!
もし私が安良田佑乃のような立場にいたら全部先生に任せて逃げると思います。
しかし、ベッドカーテンを開ける時は一声かけてから開けるようにしましょう。
でなければ、今回のようなことが起こりうる可能性もなくもないので気を付けましょう。
私ですか?私はそのようなことをやった記憶はございません。
たとえ開けたとしても見てませんので・・・。
え?本当にないですよ。大丈夫です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ