この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

高木・E・慎哉

お読みいただきありがとうございます!
お楽しみいただけたでしょうか?
道はどこまでもつながっている。
でも、途中で迷いかねない。
そんな時は、信念があればいい。
そうやって、生きていける。
それでは、また次の小説でお会いしましょう!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ