この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

713

indi子

お嬢がお父さんに怒れて良かった―。
殺伐とした空気に耐えきれなくなったので(私が)、次のお話はもう一個書いている方(「」)とのほほんとしたクロスオーバーになります。きゃっきゃしてる高校生組の会話になります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ