この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

高木・E・慎哉

お読みいただきありがとうございます!
お楽しみいただけたでしょうか?
小説を書くって、空想を元に書いてるようだけど、そうじゃない部分も多い。
現実から得た、ヒントで書く場合も多いかな。
それでは、また次の小説でお会いしましょう!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ