この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

69

赤沼

閲覧ありがとうございます。
前の回と同じく、ベッドの中からのスタートですが、路線は真逆にしてみました。
話だけじゃなく、作風も、ですね。
たまにはこういう文学路線の官能もいいんじゃないかなあ、という感じです。
ギャグエロ展開期待していた人には申し訳ないです。
響の未来や内面の崩壊は、あまりふれないまま終わりにしたので、各々の心でなにか感じ取ってくれると嬉しいです。
今回は比較的早い更新になりましたが、次回の更新は未定ですみません。
次回もよろしくお願いします。
赤沼

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ