この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

120

赤沼

閲覧ありがとうございます。
本当ならこの後半は書かない予定でした。
なぜならば、うほっ。な展開が、規約にどっかんすると思ったからです。
でも、前回書いていただいたコメントで続きを望まれている人がいると知り、規約に反しないように仕上げてみました!
要所要所は隠語でぼかし、ちゃんと全年齢OKを維持してる(はず)!
もし物足りないという玄人の方がおられましたら、うほっ。の先は脳内補填でお願いします。
ここから先は、いつデリートされてもおかしくないデンジャーゾーンなので、察してくれると助かります。←
次回は、別のお話です。
1~2話の予定です。
お時間ありましたら、次回もよろしくお願いします。うほっ。
赤沼

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ