この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

105

赤沼

閲覧ありがとうございます。
今回の話はここで終わり。先の展開は自由に想像してください。
高橋君が留年と尻のどちらを選んだか、噂は本当だったのかどうかは、あえて明言しないでおきます。
さて、私は自他共に認めるガチムチですが、最近ガチムチムチになってきているのが悩みです。
がんばって鍛えねばいけませぬ。
次回もお時間ありましたら、よろしくお願いします。
赤沼

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ