この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

高木・E・慎哉

お読みいただきありがとうございます!
お楽しみいただけたでしょうか?
喋るネコの設定というなんとも、現実離れした設定になりましたが、物語の流れ上、そうなりました。
まぁ、こういうのも面白いかなと思いました。
それでは、また次の小説でお会いしましょう!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ