この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

16

Rumita

最後まで読んでくださって本当に有難うございます。
彼の不思議なノックの意味は何だったのか…、気づいた方もいらっしゃると思いますが、それは二人の大切なものとして、ずっと彼らの心の中に生きていったらな、と思います。
機会(派生物語)があったなら、また後程。
これからもよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ