この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

Rumita

完結しました!!
『クラウン【番外編】』に最後まで目を通してくださりありがとうございます。
これまた短編。
今回は宮廷道化師を目指したのですが、物語に合わず最初の時点で玉砕。
宮廷道化師とは、宮廷に仕え唯一王様に意見できる聡明な道化師さんのことです(格好いい)。

今回の主として、本編に出てきた「ノックの不思議なリズム」、「ラストに出てきたクラウンの描いた涙」の意味を知って頂けたら幸いです。

ご感想お待ちしています。
これからも皆が面白い、と読んでくださいますように。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ