この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

ねこの原ヶ

こんには。
やっと土台とゆうかステージが整いつつありますね。
毎回思うんですが、自分で書いた筋書きを他の人が読んでも状況がわかりやすくする。っていうのが私にしたら大きな壁ですね!
本当にまだまだ「解読しないと話が飛びすぎだよ!?」って部分が多々あるかもしれませんが、どうかお付き合いください。
※人魚伝説については多々あるのでこれが正解!なんてものはないと思っています。
ですので今回のストーリーも作者の見方がこんなんであって、根拠も糞もありません。もちろん少なからずは調べてからのストーリー作成ですが
本筋はフィクションなんです。
そんな感じでお楽しみいただければありがたいです、ここまで読んで下さりありがとうございました!
次は現場に紅石くんがお出かけします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ