この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

53

山口洋一

三十三話です!
小桃ちゃんのドキドキシチュエーションは書いてて楽しいです。
彼女はラッキースケベならぬラッキーオトメ体質を目指しておりますゆえ……(それは目指せるものなのだろうか
男女のドキドキシチュと言えば、街を歩いている時などにカップルを見かけると「爆発しろ!」と思う半分←、微笑ましい気持ちにもなるわけですが、先日もう見ていられないくらいにこっちまでドキドキしてしまうカップルを見かけました。
目的地までショートカットしようと駅前の小路をちょっと入ったら、な、なんと!
男性が女性にガチ土下座中!!
アスファルトにおでこをこすり付ける男性に、ゴミを見るような目で見下す女性、そして今さら引き返せない私!!
気まずい×130%の中、ドキドキしながら横を通り抜けました。
ええ、だからなんだ、というお話でしたとさ♪←

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ