この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

yotuki

私は英語が笑えるぐらいに苦手なので、便利な翻訳ツールを使用しています。
祝詞は、実際はゆっっくり丁寧に奏上するものです。襲われかけてるときに唱えるようなものではありません。
それでも使用しているのは、ただたんに私が使いたかったからです。
実際の祝詞の目的とかはあまり深く考えないでください。無関係です。雰囲気です。
また変なところで切ったのは、これ以上続けると終わりそうにないからです。
続きはできるだけ早くあげれるように頑張ります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ