この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

yotuki

次は繁織たちの話に戻ります。
この話、意味深なところで終わってるけど、いまのところ続きを書く予定はないです。
設定で、裏・神道の基盤を創ろうとした2人と同じ力を持った2人が繁織と曠陰だよっていうのを、伝えたかっただけなんです。
アクションもなにもない、本当に伝えるだけの話になってしまいましたが(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ